帯状疱疹予防にワクチン接種をおすすめします!

~ 50歳を過ぎたら気を付けたい 帯状疱疹のはなし ~

帯状疱疹の発症率は、50歳代から急激に高くなります。
帯状疱疹患者の約7割が50歳以上です。

帯状疱疹は、体の免疫力が低下した時に発症します。
免疫力の低下は、加齢、疲労、ストレスなど、日常的なことにより起こります。

帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。
はじめて感染した時は、水ぼうそうとして発症します。
治った後もウイルスは長い間、体内に潜んでおり、普段は免疫力によって活動が抑えられています。
しかし加齢や、ストレスなどで免疫力が低下するとウイルスが暴れだします。
ウイルスは神経に沿って移動し、皮膚に到達して帯状疱疹を発症します。

日本の成人の9割以上がすでにこのウイルスに感染したことがあり、体内にウイルスを持っています。
そのため、ほとんどの人が帯状疱疹になる可能性があります。

帯状疱疹を予防するには、子どもの水ぼうそう(水痘)予防に用いられているワクチンと同じワクチンを使用します。
50歳以上の方を対象とし、皮下に1回接種します。

当医院では、水痘ワクチン接種を 7560円(税込)でお受けしています。
どうぞ、お気軽にご相談下さい。

* 予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。
  日頃からの体調管理を心がけ、免疫力を低下させないことも大切です!